平成28年度 健康保険組合が実施する保健事業計画
事 業 種 目 実施事業 変更・追加事業等
特定保健
  診査
特定健診(40歳以上
の被扶養者)
40歳以上の被扶養者たる妻(※)

40歳以上の被扶養者たる妻以外

 受診者の負担:指定会場は全額組合負担
 上記以外は5,000円を上限に実費補助
(※)東振協・(株)イーウェルの
   巡回(会場)・施設(院内)健診
   ◆前年度より会場・施設数を拡大
特定保健
  指導
特定保健指導 積極的支援  :保健師による指導
動機付け支援:保健師による指導
情報提供   :健診結果に記載
保健指導
  宣伝
医療費照会 かかった医療費の内容についてのお知らせ
(WEB・毎月更新)
各種パンフ配布 SC事業所内用パンフレット(随時)
健保ニュース 家族向け広報(社内イントラ等)(随時)
健保だより 社内向け広報(社内イントラ、ホームページ)(随時)
一般保健指導
(重症化予防)
被保険者:特定保健指導以外のハイリスク者対象
     (要治療放置者等対象→重症化予防)

被扶養者:前期高齢者で多受診者等を対象
ジェネリック医薬品の利用促進 ・啓蒙用ポスター・ジェネリックカードの配布
・ジェネリック通知の配布
ジェネリック通知は特定の継続投薬者に向けた薬価差を知っていただくためのお知らせです
疾病予防 一般健診 35歳未満(法定健診)
   4月~9月まで(組合・会社負担)
生活習慣病健診 35歳以上(法定・特定健診項目含む)
  4月~9月まで(組合・会社負担)
婦人科健診  35歳以上
前年度ABC検診受診者:胃部内視鏡健診の実施
<胃部内視鏡の補助頻度>
A群:5年に1回  B群:3年に1回
C群:2年に1回  DE群:毎年
★A群の方は今年度、胃部内視鏡の受診を推奨します
婦人科健診 35歳以上
人間ドック補助金 健診ではなくドックを希望する被保険者に15,000円を上限に実費補助
人間ドック付加金 40歳以上のの被保険者に5,000円の付加金
 =補助金+付加金で20,000円を上限に補助
昨年度15,000円 → 今年度5,000円に減額
禁煙外来補助 ・10,000円を上限に一人一回限り
  (前年度支給者を除く)
・参加症の提供
予防接種の補助 インフルエンザの予防接種にかかる費用を補助
 指定医療機関にて1人1回1,000円を補助
常備薬の斡旋 購入希望者は市販薬を薬卸ルートより購入
(健保の補助なし)
5月頃と11月頃(購入申込書/別途案内)
WEBより通年購入可能/5月上旬の申込より
KenCoM(健康支援サイト)の提供 過去の健診結果の閲覧
必要な健康情報の配信(サイト登録後自動配信)
※4月11日から利用できます
※健診データは5月中旬に配布しますパスコードで閲覧可能です
※健康診断の詳細については毎年4月上旬にお知らせします
※二次健診の補助金はH27年度より廃止になりました(健康保険(3割負担)で受診してください)