【2017.02.13】 セルフメディケーション税制が始まりました

従来の医療費控除制度の特例として、2017年1月から新たに【セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)】が始まりました。

『セルフメディケーション』とは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」を意味します。病院(医療)に依存せず、例えば軽い症状であれば市販の薬を上手に使って治療するなど、自分の健康を自分で守ろうとする取り組みのことです。

セルフメディケーション税制とは、こういったセルフメディケーションに取り組んだ方が、対象となる市販薬を年間12,000円以上購入した場合に確定申告を行うことで、その年の所得から控除できる制度です。但し、本制度は従来の医療費控除制度と併せて利用することはできませんのでご注意ください。

【対象期間】 平成29年1月1日~平成33年12月31日(※平成29年分の確定申告から適用)

【申告対象者】 以下の3つの条件全てに該当する人

所得税、住民税を納めている
対象となる医薬品(スイッチOTC医薬品)を、1年間(1月~12月)で12,000円を超えて購入している
同一年内(1月~12月)に健康診断や予防接種など一定の健康管理を行っている

【対象となるスイッチOTC医薬品とは】
対象スイッチOTC医薬品は、厚生労働省のホームページに【対象品目一覧】として公開されています(随時更新)。 また、自主的な取り組みでパッケージに右のような識別マークが記載されているので、購入する際の目印にしてください。

【節税効果は?】
例えば課税所得額400万円の人(世帯)が対象商品を5万円分購入した場合、50,000(対象医薬品の購入金額)‐12,000(下限額)= 38,000円が課税所得額から控除され、結果、所得税・住民税合わせて11,400円節税ができます。
こちらのサイト内で節税額をシミュレートできます(ページ中央部から参照)
                >> http://www.jfsmi.jp/lp/tax/(日本一般用医薬品連合会)>

【申請に必要なもの】

定期健康診断等を受けたことがわかる書類(結果通知表や予防接種を受けた領収書や接種証明書等)
スイッチOTC医薬品を購入した際のレシート(品名、金額、当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨、販売店名、購入日がわかるもの)
申請予定の方は平成29年度以降、定期健康診断の結果通知表等を大切に保管しておいてください

【注意事項】

従来の医療費控除(年間10万円以上の医療費の支払が対象)とセルフメディケーション税制はどちらか一方しか利用できません(本人の選択)
生計を一にしている家族の分も含むことができます
年間購入額の上限は8万8千円で計算されます(8万8千円超の対象薬品を購入しても8万8千円で計算)