2.給付関係
2-6.長期高額疾病になったとき

血友病、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群および人工透析を必要とする慢性腎臓疾患の長期患者は、特定疾病の認定を受けると、医療機関への支払いが1ヵ月10,000円で済みます。
ただし、人工透析を必要とする患者が上位所得者に該当する場合は、自己負担が1ヵ月20,000円になります。

該当する場合は、健康保険組合に「特定疾病療養受領証交付申請書」に医師の証明を受けた上で申請する必要があります。

提出書類 「健康保険特定疾病療養受領証交付申請書」  [ Excel / PDF ]
※医師の証明を受けること
添付書類 なし
提出先 健康保険組合